ホワイトデーにプレゼントする花は何が良い?おすすめはコレ!

公開日: 

スポンサードリンク

bara

ホワイトデーと言えば、バレンタインチョコをくれた女性にお返しをする大切な日ですよね。

「ホワイトデーはお返しをしない。」なんて言う男性もいるのですが、

それでもせめて本命の女性にはちゃんとお返しをしたくないですか?

お返しをした時に、この上ない喜びの表情を見せてくれる女性もきっと多いに違いありません。

ところで、ホワイトデーのお返しに花を考えている方はいませんか?

今回は、ホワイトデーにプレゼントする花について見ていきましょう。

豪勢なバラの花束のプレゼントは?

バレンタインデーに女性の方から素敵なプレゼントをしてもらえると、

「自分もそれに負けないくらい素敵なプレゼントでお返ししたい!」と思いたくなりますよね。

そこで、豪勢なバラの花束はいかがでしょうか?

 

花束はお気に入りの花瓶に挿して、

食卓や部屋の窓際、玄関などに飾っておくと、本当に部屋を華やかな感じにしてくれますよね。

ちなみに、バラの花は色によって、様々な花言葉があるのだとか。

 

もっとも人気のある赤色は、

皆さんもイメージするように「愛情」とか「情熱」の意味があるようです。

 

そして、ピンクのバラは、ダークピンクだと「感謝」、プリティピンクだと「可愛い」、

ブライダルピンクだと「愛情」を意味しているようです。

人気の赤色にピンクの花を取り入れた花束にしてみるのも良いかも知れませんね。

 

しかも、バラは形によっても意味が異なるあって、

一重のバラだと「清純な愛」、とげのないバラには「友情」や「誠意」、

蕾のバラには「愛の告白」の意味があるようです。

同じ花でも色や形を自分に合った形でセレクトしてあげることも大切ですね。

 

スポンサードリンク

ガーベラにもバラと同じような愛を意味する言葉が隠されている!

女性への花束のプレゼントとして選ばれやすい花の中にも、

バラと同じような様々な意味が込められているようですね。

赤のガーベラは「燃えるような愛情」とか「挑戦」、

ピンクのガーベラには「崇高な愛」とか「熱愛」、

黄色のガーベラには「究極な愛」、

オレンジのガーベラには「神秘」とか「我慢強さ」、

白のガーベラには「希望」の意味があるようです。

 

愛に関する言葉でも、燃えるような愛、崇高な愛、

究極の愛などの色々な愛の形がありますよね。

 

このようにホワイトデーに女性に喜んでもらえそうな花は、

同じ花でも色や形をチェックして選んでみると、

より素敵なプレゼントになりそうですね。

 

この他のお花を混ぜてみるにしても、

お花屋さんに意味を聞いて楽しみながら

お花をセレクトするのも良いかも知れませんね。

スポンサードリンク


シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑