潮干狩りの時期っていつなの?持ち物は何をもっていくべき?

公開日: 

スポンサードリンク

siohiga

春になって気温が上がってくると話題になるのが潮干狩りです。

家族で、カップルで、友達同士で、

いろいろなグループで楽しむことができます。

でも、潮干狩りっていつが一番いい時期なのでしょう?

春先はまだまだ海も冷たくて、潮干狩りというイメージはありません。

 

でも、海水浴の時期になると、潮干狩りは話題に上らなくなります。

いちどは行ってみたいと思っている方も多い潮干狩り。

どうせ行くなら、一番いい時期に行って楽しみたいですね。

私も今年は潮干狩りに行ってみたいと思っているので、

  • いつが一番いい時期なのか?
  • 持ち物は何を持っていけばいいのか?

いろいろ調べてみました。

調べたことをあなたにもお伝えします。

潮干狩りのベストな時期はいつ?

潮干狩りのベストな時期はいつなのでしょうか。

それは、ズバリ、5月です。

潮干狩りは春の陽気を感じられる4月から楽しむことができます。

そして、秋まで潮干狩りのシーズンが続きます。

では、なぜ5月がベストなのでしょうか?

詳しく説明しますね。

 

 

4月は暖かく感じる日が多くありますが、

海はまだ冷たく小さな子供には辛いと思います。

気温が上がっていても、海が冷たいと体が冷えてきます。

特に小さなお子さん連れのときは注意が必要です。

体が冷えると疲れもでやすくなりますし、

風邪をひくなどの原因にもなります。

 

スポンサードリンク

6月は雨が多いので、潮干狩りを楽しむには無理があります。

好天に恵まれればいいのですが、

やはり梅雨の前ということもあり、

天候が不順で予定が立てにくいと思います。

 

7月、8月は潮干狩りに適した好天が続きます。

ただ、この時期は気温が高く、

熱中症などの心配がつきまといます。

「濡れた砂浜だから、そんなに心配はないのでは?」

と思いますが、ずっと下を向いた姿勢でいるので、

太陽の照り返しがきつくなります。

それに、日陰がありませんので、休む場所にも困ってしまいます。

さらに、せっかく捕った貝が痛みやすいのも心配です。

 

9月ごろは気候も安定し、

暑さも和らぐので潮干狩りにもよさそうです。

さらにこの時期は、潮の干満の差が大きい大潮が

日中にあたるので潮干狩りには適しています。

 

ただ、この時期は夜に引き潮が大きくなるため、

日中は長い時間潮干狩りを楽しむことができません。
さて、5月ですが、5月は9月ごろと同じく、

潮の干満の差が大きい大潮が日中にあたります。

その上、5月は日中に引き潮が大きくなるので、

一番潮干狩りに適しているのです。

 

さらに、気温も上がり、天候も安定していますので、

雨で潮干狩りができなかったという心配も少なくなります。

 

小さなお子さんが一緒でも、気候が穏やかなので

体調を崩す心配が少なくて済みます。

これも家族で潮干狩りを楽しむ上では大切なことです。

 

ゴールデンウイークになると潮干狩りのニュースが多くなりますが、

一番潮干狩りに適したシーズンだからなのですね。

潮干狩りに一番適した時期は5月です。

潮干狩りに適した時間は?

潮が引き始める時間がベストです。

潮が引ききってから潮干狩りを始めると、

今度は潮が満ちてきますから、

潮干狩りを楽しめる範囲が狭くなります。

 

さらに、事故なども起きやすくなるので、

潮干狩りは潮が引き始めた頃から始めることをおすすめします。

 

では、潮が引き始める時間を

どうすれば知ることができるのか?

潮干狩りを開催している

漁業組合に聞くという方法があります。

 

もう1つは、こちらのサイトで

自分で調べるという方法があります。

http://www1.kaiho.mlit.go.jp/JODC/SODAN/shiohigari_calender/default.htm
これは海上保安庁の海洋情報部が公開している、

2015年潮干狩り情報です。

 

こちらの情報は、

地域別に潮干狩りに適した

干潮の時間を公開しています。

 

さらに、

潮干狩りに適した時間も

一目で分かるように工夫されているので、

とても便利ですよ。

 

潮干狩りには何を持っていけば便利でしょう

  • 熊手(くまで)
  • 帽子
  • タオル

熊手は潮干狩りには必須ですね。

貝を探すのに必要な道具です。

 

帽子は、長時間海辺で貝を捜しますから、

どうしても日焼けなどが心配になります。

 

キャップなどでもいいのかな?と思いますが、

つばの広い麦わら帽子がおすすめです。

日光をさえぎってくれる上に、

風通しもいいので、快適に潮干狩りが楽しめます。

 

タオルは、首に巻くことで、日差しをさえぎり、

日焼けから首を守ってくれます。

潮干狩りは長時間同じ姿勢を続けますので、

首周りがひどく日焼けすることがあります。

ですから、タオルも忘れず持参してください。

 

他には、

濡れたものを入れるバケツなどもあると便利ですね。

ザルもあれば、採った貝の砂を洗い流すのに便利です。
あと、足元ですが、

海は貝のかけらや、ガラスの破片などが

落ちていることがあります。

ビーチサンダルですと怪我をする可能性がありますので、

長靴やズック靴などを履くことをおすすめします。
せっかくの楽しい潮干狩りです。

貝を採ることだけでなく、

潮の干満や足元の装備などにも注意して、安全に楽しんでください。

スポンサードリンク


Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑