暑中見舞いの時期いつからいつまでがマナー?返事は早いうちに!

公開日: 

スポンサードリンク

ochu

社会人になると、取引先やいつもお世話になっている方に

季節の便りを出す機会が増えてきます。

季節の便りで一番よく出されるのが、「年賀状」です。
次に書く機会が多いのが、「暑中見舞い」です。

年賀状は元旦と期日がはっきりしていますが、
もう1つの「暑中見舞い」のマナーについては
多くの方が悩まれているのではないでしょうか。
そして、頂いた暑中見舞いのお返事を
いつまでに返せばいいのかということも悩みの種ですね。


そんな「暑中見舞い」にはきちんとルールがあります。

・梅雨明けから立秋の前日まで。
これが一般的に暑中見舞いを送る期間とされています。
ただ、他にもいくつか説があって、
この期間だけが正解というわけではありません

ちょっとややこしい「暑中見舞い」について、
もう一度、一緒に学びなおしてみませんか?

 

暑中見舞いとは?

まず分からないのが、
暑中とはどんな意味があるのかということです。

「暑中」
夏の暑い間。特に,夏の土用の間。

   大辞林 第三版の解説

「暑中」とは、
夏の最も暑いときという意味なのですね。
つまり、
暑中見舞いは、1年で最も暑い時期に
相手の安否や健康を気にかけた挨拶状を送る慣習です。

この最も暑い時期というのも、
相手に対して「暑いですがお元気ですか?」
という手紙を送るのですから、

送る相手の場所でということです。
しかし、
相手が住むところの一番暑い時期を知ることは難しいですし、
ましてや、多くの方に送るとなると不可能になります。

そんな面倒をかけないために
暑中見舞いには送る時期のルールがあります。

 

スポンサードリンク

暑中見舞いの時期はいつからいつ?

暑中見舞いを送る時期の一般的なルールには3つあります。

・夏の土用(立秋前、約18日)~立秋の前日(8月7日)
・小暑(7月7日)~立秋の前日(8月7日)
・梅雨明け~立秋の前日(8月7日)
ひとつずつご説明しましょう。
・夏の土用(立秋前、約18日)~立秋の前日(8月7日)

夏の土用や立秋は年によって変化します。
今年(2015年)の夏の土用は、7月20日から8月7日です。
立秋は8月8日です。

土用とは、土用の丑の日、うなぎを食べる日の土用です。

このルールでは、7月20日ころから8月7日の間に
暑中見舞いを出すということになります。
・小暑(7月7日)~立秋の前日(8月7日)

この期間を、実は「暑中」と呼びます。

小暑(しょうしょ)とは、二十四節気の第11で、
旧暦の5月後半から6月前半、現在では7月7日。

この間に「暑中見舞い」を出すのも、マナー違反にはなりません。

ただ、体感的に7月はじめは梅雨の時期でもあり、
頂いた方は「早く送ってきたなぁ」と感じるでしょう。
・梅雨明け~立秋の前日(8月7日)

これが、今最も多く使われている暑中見舞いのルールです。

ですが、このルールも盲点があります。

梅雨明けは地域によって違いますし、
四国地方、北陸地方、近畿地方などでは「梅雨入りなし」となった年があります。

また、西から梅雨明けしていきますから、
関東に住む方は、関西の方より後から梅雨明けするということになります。
関東の梅雨明けに合わせていたら、関西に住む目上の相手から
先に暑中見舞いが届いたなんて恥ずかしいことになってしまいます。

このあたりが「暑中見舞い」が難しいと言われる理由なのです。

ただ、明確な時期があるわけでもないので、

立秋を過ぎてから送るなど、
明らかなマナーやルール違反がない限り、
相手の方も目くじらを立てることはありません。
私は、特にお世話になっている方々には、
その方が住む地域の梅雨明けに合わせて。

それ以外の方には、7月25日前後に送るようにしています。

このように自分のルールを作って、それを毎年繰り返すことで、
相手の方にも気分よく受け取ってもらえるのではないでしょうか。

 

頂いた暑中見舞いのお返事はいつまでに出す?

頂いた暑中見舞いのお返事も先ほどお伝えしましたように
立秋の前日8月7日までに返すのがマナーです。

ただ、ぎりぎりに届いた暑中見舞いのお返事はどうするか?
そのことについてもお伝えしていきます。

 

もしも、遅れたときどうする?

思ってもみなかった方からの暑中見舞いが届いた。
それも8月7日に。

このような時、お返事はどうすればいいのか?

実はこれにもちゃんとルールがあります。

立秋(8月8日)より後にお見舞いを出すときは、
「残暑見舞い」として出します。

 

残暑見舞いとは?

「残暑見舞い」は「暑中見舞い」と同じように、
暑い時期の相手の方の健康をうかがうお手紙です。

「残暑見舞い」と「暑中見舞い」の違いは、お手紙を出す時期です。

残暑見舞いの期間は、立秋(8月8日)から、処暑(今年は 8月 23日) まで。
ですから、ぎりぎりに届いた暑中見舞いのお返事は、
残暑見舞いで返せばいいのです。

くれぐれも暑中見舞いは返さないようにしてください。
これこそマナー違反となってしまいます。
暑中見舞いについてお分かりいただけたでしょうか。

いつ出せばいいのだろうとお悩みの方も多いですが、

・一般的には、梅雨明けから立秋前日(8月7日)まで。
・明確な時期があるわけではないのであまり堅苦しく考えないこと。
・もしもお返事が遅くなってしまったら「残暑見舞い」を返す。

この3つを知っておいていただければ大丈夫です。

スポンサードリンク


Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑