五月人形の兜の買取り相場ってどれくらい?処分に困るなら!

公開日: 

スポンサードリンク

五月人形はお父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃんが生まれてきた男の子の

成長や安全を願ってプレゼントするものですが、

立派に成長した男の子を見て「もう、いらないわよね」って思うこともありますよね。

収納タンスにしまっておくのも良いのですが、

立派な五月人形になると収納箱が3つも4つもになって、

それだけで収納スペースを取ってしまい困ってしまうことも多いと思います。

でも、家族の思い出がつまっているものですから、そのまま粗大ゴミに捨ててしまうのも忍びない。

大型ゴミに出そうとしても引き取り料金がかかりますしね。悩みがつきないものです。

goganin

 

五月人形の買取り相場って・・・

 

「引き取ってもらえるなら」とまず思い浮かぶのが「リサイクルショップ」。

何でも買い取ってくれそうな勝手なイメージを抱くのですが、それが中々厳しそう。

わたくしも一度問い合わせたことがあるのですが

「お引き取りならできますが値段がつくかどうか・・・」と言葉を濁されてしまいました。

 

ですよねぇ。

 

中々一般的に五月人形で中古品は見たことはありませんし、

自分の子供の初節句に中古品を選ぶ家庭も少ないですよね。

 

しかし、大体のリサイクルショップでは引き取りまではしてくれるので、

大型ゴミに出すような「引き取り料」は発生しないことが多いみたい。

タダで引き取ってもらうのならリサイクルショップも活用しても価値があるのではないでしょうか?

 

また、オークションに出品するのも一つの方法かも知れません。

五月人形は海外でも人気のアンティークの一つとなっていますので、買取りが期待できるかも。

某オークションサイトでは1円から始まって最高値69万円(!)もするような五月人形が出品されています。

 

ただし高価な値段が付くものは、有名な人形作家が作ったものや、

時代が古く歴史的価値があるものなど、人形の状態をしっかりと細かく査定することが必要になってきます。

個人で調査するのが難しければ「買取り専門」の人形専門店なんかに依頼するのも良いかもしれません。

無料出張査定もしている店もあるので、気軽に問い合わせてみてはいかがでしょう。

「ひょっとして、ウチにあるのも・・・」なんて期待するのも楽しいですね。

 

買取りが難しければ、人形供養をしましょう。

 

でも、五月人形のような「縁起物」の買取りは難しそう。

それに家族の思い出がつまったものだし愛着もあるからキチンと処分したいという方は、

人形供養という方法もあります。

 

これは「処分」というよりも「いままでいい思い出を作ってくれてありがとう」

という感謝の気持ちを持ちながら、人形の魂を抜き供養した後、

人形を「お焚き上げ」といって火葬したり、海に流し自然に帰す方法です。

 

日本人は昔から万物には魂が宿ると思い、

人形以外にも様々な物に「供養」という形で感謝の気持ちを表してきました。

日本人が持っている多くの美徳の一つだと思います。

 

全てのお寺や神社が人形供養してくれるわけではないので、

きちんと調べてから問い合わせることになりますが、

遠方であれば郵送も可能な場合もあります(もちろん送料はかかりますが)。

 

供養料も大体2000円程度から受け付けているところが多いようです。

(因みに供養料以外にお布施として追加料金がかかるところもあります)

ある神社では、希望があれば供養した人形を福祉施設(保育所や幼稚園。老人ホームなど)へ

寄付を代行してくれるそうです。

(わたくしは、この話を聞いて「優しい心ですねぇ」と感動してしまいました)

 

 

五月人形に限らないのでしょうが、愛する我が子の成長を、親と共に見続け守ってくれた人形ですから、

優しい心で感謝を込めてお別れするのも良い思い出となることでしょうね。

スポンサードリンク


Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑