恵方巻で子供が一番喜ぶ具材って?人気1位はやっぱり…

公開日: 

スポンサードリンク

2月3日は節分の日。「鬼は外・福は内」と豆まきをしながら厄を払う行事ですが、

豆まき以上に節分で思い浮かぶのは「恵方巻」ですよね。

「今年の恵方は○○○」なんてCMがTVをにぎわい出すと

「ああ、もうこの季節か」とスーパーやコンビニエンスストア、寿司専門店などで

太巻きを購入したり、オリジナル太巻きを作ります。

ehoumaki2

恵方巻の意外な由来

恵方巻はいつ、どこで生まれたのでしょうか?

その答えは意外と「わからない」のが本当のところだそうで、

一説には江戸時代の終わりに大阪の商人さん達が商売繁盛と

厄払いを祈願して始まったとする説が有力だそうです。

 

大正時代には大阪の花街で、節分の時期に漬けあがるお新香を使った

海苔巻きを恵方に向かって食べる習慣があったそうですが、

一般的な家庭の風習ではなかったみたいです。

 

ところが、関西方面(特に大阪を中心に)で細々と

一部の階層にしか食されなかった風習を、

1970年代頃に大阪海苔問屋共同組合がすし組合と協働して、

大体的に「恵方巻」の販促キャンペーンを行った結果、徐々に注目されるようになり、

今日のように「節分には豆まきと恵方巻」という形で定着したそうです。

 

(ということは、1970年代以前は見向きもされないレアな風習だったんですね。

わたくし恵方巻は昔からある日本の伝統行事だと思っていました)。

一方、全国的に「恵方巻を食べる」習慣があるのか調査したところ、

関西方面では半数以上が「実際に食べた」ということですが、

関東方面では6割が「食べない」と答えるなど、地域差があるみたいです。

 

因みに「恵方」とは「歳徳神(としとくじん)」の在する方位を指すことで、

その年の十干(じっかん)と十二支によって決まります。2015年の恵方は「西南西」になります。

 

子供の喜ぶ恵方巻の人気具材って

恵方巻の太巻きは7つの具材を使って巻くのが一般的。

これは「七福神」にあやかって7つにしているものですが、

太巻きの具材は特に決まっていません。

ですので、お好みに合わせてオリジナル太巻きを作るのもオススメです。

 

実際に子供が好きな具材を思い浮かべると、卵・肉・サーモン・マグロ・かんぴょうがあげられます。

肉が好きなお子さんだと、肉と一緒にレタスを巻いてつくる

「サラダ太巻き」なんかも喜ぶのでは、

揚げ物系(エビフライやトンカツ等々)やハンバーグなんかも太巻きの具材にすれば好評かも。

 

因みにウチの子供は「マグロ」や「サーモン」を強調した太巻きが大好物。

それと具材+マヨネーズで味付けたものなんかも大好きですね。

また、酢飯にこだわらず、普通のご飯に「ゆかり」などのふりかけを使って

味付けするのも方法かもしれません(酢飯が苦手なお子さんは結構居ますよ)

どれが1番の具材かはお子さん次第になりますが、

自由な発想で子供の好きな具材を取り入れながら太巻き作りを楽しむことが大事ですね。

スポンサードリンク


Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑