節分の正式な豆の名前って何?種類はどれくらいあるの?

公開日: 

スポンサードリンク

2月3日は「節分の日」。子供から大人まで「福は内 鬼は外」と豆まきをし、

無病息災を願うこの行事は日本の代表的な風物詩の一つですよね。

今回は、この「節分の豆まき」について簡単にご紹介したいと思います。

setubunn

 

節分の由来

節分の言葉の意味として「季節を分ける」すなわち季節の移り変わる節日を言います。

元々、立春・立夏・立秋・立冬の前日を「節分」言い表していたのですが、

日本では立春は1年の始まりとして、特に尊ぶ風習ができました。

 

立春を1年の始まり「新年」と見立てると、その前日は「大晦日」になりますよね。

そのため、平安時代にはこの節分の日に陰陽師らによって、

旧年の厄や災難を祓い清める「追儺」の行事が宮中で行われていました。

 

その「追儺」の「豆打ち」という行事の名残りが「豆まき」になったと言われています。

では、なぜ豆まきが厄や災難を祓い清めるのでしょうか?

豆まきの意外な理由

豆をまいて鬼を追い出す風習は、中国の習俗が伝わったとされています。

豆が「魔滅(まめ)」と読めることや、その昔、京都の鞍馬山で鬼が出たとき、

大豆を鬼の目にぶつけて退治した伝説もあり「魔(鬼)目=魔滅」に通じることから、

「豆まき」で鬼(邪気)を祓う由来となったとされています。

 

大体室町時代から民間にも伝わっていたと言われています。

意外にも豆まきに用いられる大豆は「炒り豆」でなくてはならないというルールが存在します。

これは、生の大豆を豆まきに使った時、拾い忘れた豆から

「芽」が出ると縁起が悪いとされているからです。

 

また「炒る」という言葉が「射る」に通じることもあって

「豆(魔目)を炒る(射る)」というから「魔滅」と言い縁起が良いとされています。

 

驚き!豆の地域性

oni

ところで、豆まきの「豆」に地域性があるのをご存知でしたか?

(「豆なんて全部一緒じゃん」とお思いの方は是非とも知っていただきたい情報です)

豆まきの豆は基本的に大豆を炒ったものを指しますが、

北海道・東北・信越地方では「落花生」を使い豆まきをする家庭が多数存在するそうです。

 

「ええー落花生!」と驚いてしまいますが、

その地域では「落花生」こそが当たり前の「豆まきアイテム」。

理由として「小さい子供でも安心」や「掃除が楽」というのが理由だそうです(

いかにも現代的)。確かに落花生も「炒って」います。

 

因みに落花生は殻つきのまま撒くそうで、撒いた落花生を拾い集めて食べるというのが定番。

またある地方では、豆ではなく「お菓子」を撒くところもあって

「豆じゃないじゃん」とツッコミたくなるような風習も存在しています。

 

それぞれ「豆まき」の豆は様々ですが、目的は同じ。

家族の「無病息災」を祈りながら「福は内 鬼は外」と楽しい節分の日を迎えたいですね。

スポンサードリンク


Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑