お食い初めとはいつやるのか?簡単メニュー紹介!

公開日: 

スポンサードリンク

お食い初めの正しいやり方、いつ行うのか、歴史について調べてきました。

お食い初めという言葉だけ見れば、正月くらいにやるのかな・・・と思っていたんですが、

新生児の生後100日目に行われる儀式でした。

当記事ではこのようなテーマで話を進めていこうと思います♪

  • お食い初めとは?
  • お食い初めの歴史とは?
  • お食い初めの簡単メニュー紹介!

というわけで行ってみましょう!

 

お食い初めとは?

まずそもそもお食い初めってなんなんでしょうか?

生後100日前後で祝う行事です。時には110日、120日だったりするんだとか。

お食い初めは、初めて箸を使うので、真魚初め、箸初め、箸揃えとも呼ばれています。

地方によって呼び方が変わっているようですが、基本はお食い初めですね。

この3つ以外にも色々な読み方はあるようですが、ここでは端折ります。

 

なぜこのような儀式を行うのかと言うと、

新生児の生後100日前後に乳歯が生え始めます。

この時期に「一生涯、食べることに困らないように」と願いを込めて、

食事をする真似をさせる儀式です。

ちなみに平安時代から行われて生きているので、

日本では相当歴史ある行事です。

江戸時代では赤ちゃんに食べさせる真似をするメニューが決まっていたようです。

 

お食い初めの日には離乳食を用意し、

ミルクや母乳から離乳食へのきっかけとしても構わないそうです。

これをきっかけに離乳食へ切り替えてみてはどうでしょうか?

 

乳歯が生えてきている段階でお食い初めは行われるので、

ちょうどいいタイミングですよね。

 

お食い初めの簡単メニュー紹介!

ではでは、お食い初めの概要についてはある程度理解できたと思います。

じゃあ実際にどのようなメニューを食べさせる(真似ですがw)のでしょうか?

 

女の子と男の子でメニューや皿などが違うようですが、

当記事では統一させてお食い初めのメニューを紹介させてもらいます。

 

a0103712_22175642

このような感じのメニューで大丈夫です。

あまり豪華に作りすぎても赤ちゃんは食べないので、これくらいで良いです。

作るのがめんどうな方は注文してもいいと思います。

 

意外とそっちの方が安く済んだりしますので。

というわけで最後までご愛読ありがとうございました。

スポンサードリンク


Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑