仕事ストレスの原因をまとめてみた!サラリーマン必見!

公開日: 

スポンサードリンク

仕事におけるストレスは、自分に対する不平不満によるストレス、

上司先輩に対する不平不満によるストレス、

部下後輩に対する不平不満によるストレス、

会社に対する不平不満によるストレスに分けられるでしょう。

 

自分に対するストレスは、仕事がうまく処理できないなど、

自分に対する自身の無さから始まっているのでしょう。

sarariman

自信過剰では困りますが、ほどほどに自身を持ち、

できるところで納得(あきらめる?)すればストレスにならない。

 

目次

  1. 上司・先輩に対するストレス
  2. 部下に対するストレス
  3. 会社に対するストレス
  4. さいごに・・・

 

1、上司・先輩に対するストレス

次に上司先輩に対するストレスは、認めてくれないとか、

こき使われるとかで最近はパワーハラスメントと言うものがストレスになるのでしょう。

 

今までその先輩上司もやられていたので今度は、

楽をしたい、威張りたいということでしょうか。

 

上司先輩のストレスはけ口になる必要はありません。

いやなことはいやとしっかり言い返しましょう。

 

幸いパワハラと言う言葉浸透してきて周りで味方になってくれる人も出てくるでしょう。

頑張ってみましょう。仕事ができない上司も大変なストレスになります。

 

仕事ができないだけならまだいいけど、部下の成果は自分の成果、

自分の失敗は部下のせいとジャイアン的な上司なら最悪ですね。

ひたすら上司が変わるまで我慢するしかありません。

 

見ている人は見てくれているはずなので、

ちょっとだけ頑張ってみて我慢できなくなればさっさとやめましょう。

できる人なら引く手あまたのはずです。

2、部下に対するストレス

次に部下後輩に対するストレスは、お願いした仕事をやってくれない、

やってくれても適当に処理して、そのフォローがいるなどでしょう。

そのような部下後輩を持ったのが運のつきと思ってあきらめましょう。

 

部下の場合は、さっさと査定を下げて飛ばしましょう。

無理することはありません。できる範囲で頑張ってみましょう。

 

3、会社に対するストレス

最後に会社に対するストレスは、

給料が安いやサービス残業を強制されるということでしょうか?

 

これは経営陣が欲張っていなければ、世間の景気のせいです。

会社を恨んでストレスに感じても仕方ありません。

 

その時は、無理せずしっかり明るくなる未来を夢見ながら

自分のできることを磨くことを心掛けましょう。

 

4、さいごに・・・

結局ストレスとは、不満の裏返しです。

苦労した分の見返りがあれば、不満もなくストレスになりません。

逆に言えば求めなければ不満ストレスになりません。

 

しかしストレスがなければ人は頑張りません。

人以外でも限界と思われるところから少し上を目指します。

 

その上限を超えていくことで人は進歩していきます。よいストレスは、必要です。

それではストレスをどのようにしてよいストレスにするのでしょうか?

レベルを下げるのではなく考え方を変えるのではないでしょうか?

 

同じレベルでも、到底届かないと思えば悪いストレス、

越えてやると思えばいいストレスになります。

 

ネガティブとポジティブ、消極的と積極的と言うことでしょう。

できる限り前を向いて過去を振り返らず前を向いて進むように

心がければストレスなんか、へっちゃらです。

スポンサードリンク


シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑