六曜の意味って何?結婚式は大安の日にすると縁起が良い!

公開日: 

スポンサードリンク

【六曜って何?結婚式は大安が縁起が良いといわれるのは】

《六曜とは》

「六曜」とは中国で生まれた暦注(暦に記載される日時、

方位などの吉凶、その日の運勢など)の事です。

日本では、江戸時代末期の頃からカレンダーに記載されるようになり

第二次世界大戦後にすごい勢いで流行したそうです。

日本で六曜が取り入れられたのは、最近の事なんです。

六曜には6つの意味があります。

nihon

《大安:たいあん》

「大に安し」の意味で六曜の中で最も吉の日とされ、

結婚式や内閣の組闇は、この日に選ばれます。

 

《友引:ともびき》

何をやっても勝負がつかない日=共引(ともびき)が意味になり、

「友を引く」と解釈され、お葬式では避けられる事で、結婚式には向いているとされるのです。

お昼の時間帯が凶で、他の時間帯は吉だといわれてます。

 

《先勝:せんしょう、さきかち》

「先んずれば即ち勝つ」の意味で、万事に急ぐことが良いとされている。

午前中は吉、午後2時より午後6時までは凶とされています。

 

《赤口:しゃこう、せきぐち》

陰陽道の「赤舌日」という凶日に由来しており、

六耀の中では昔から名称が変わってません。

午前11時頃から午後1時頃までは吉、それ以外は凶とされ、

この日は「赤」と字がつくので、火の元、刃物、「死」を連想するものには

気をつける日なのだそうです。

《先負:せんぷ、さきまけ》

「先んずれば即ち負ける」の意味で、「小吉」「周吉」と書かれ吉日とされていました。

字のイメージのせいで現在のような解釈になったそうです。

午前中は凶、午後は吉。万事に平静であることが良いとされ、

勝負事や急用は避ける方がいいとされてます。

 

《仏滅:ぶつめつ》

「空亡」「虚亡」といわれ、全てが虚しいと解釈して「物滅」と呼ぶようになったそうです。

近年になって「佛(仏)」になったので、仏教的な意味は全くないんです。

六耀の中では最も凶の日で結婚式などは避けられます。

反面、「物が一旦滅び、新たに物事が始る」という考えもあり

「大安」より物事を始めるのには、良い日だという解釈もあるそうです。

 

「結婚式が大安が良いと言われる理由」

単純に縁起だけの問題だと思います。

ただ、長く日本の慣習になってますので、ご両親、参列してくださる方達の中にも

縁起を担いでる方はおられると思います。

 

そういった事を考えると大安が一番良いのではないでしょうか。

お二人の問題でもありますが、親戚付き合いは一生のものです。

後で何か言われるより大安を選ぶのは間違いではないです。

 

次に縁起が良いとされているのが【友引】です。

「幸せのお裾分け」という意味があり、

ゲストの方も幸せになりますようにと験を担いでいます。

大安もですが、友引を狙ってる方も多数おられます。

 

最終的には結婚はお二人の問題ですが、結婚式は両家、親戚、知人など

全ての方の事を考えなくてはいけないので、大安が選ばれるのでしょう。

スポンサードリンク


シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑