1月の手紙の書き出し挨拶文は?結び・季語についても紹介!

公開日: 

スポンサードリンク

1月といえば年賀状などで手紙を出される方が多いのではないでしょうか?

私は手紙と言うよりメールで「明けましておめでとうございます」って言うんですが。

 

今回は、1月に手紙を書く時の書き出しの挨拶文についてと、

結び、季語について紹介していきたいと思います。

というわけで今回はこんなテーマです♪

 

  • 1月の手紙の書き出し・結びのあいさつ文は?
  • 1月の季語について

 

と言う流れで話を進めていきたいと思います。

 

1月の手紙の書き出し、挨拶文は?

1月の手紙の書き出しはこのような感じです。

大寒の候
新春の候
極寒の候、貴社ますますご発展のこととお慶び申し上げます。
新春の候、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。 ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。

他にも色々と種類はあるのですが、こちらを参考にしてみてください。

状況によって変わるので、寒かったら「大寒」と書いて、挨拶文を書いていきます。

次に例文を紹介するとこんな感じです。

ご家族で今年もスキーをお楽しみのことでしょう。
遠くの山々に朝日に輝く新雪が見えるようになりましたが、…。
凍てつく夜空にオリオン座の星々が美しく輝いていますが、…。

 

なるべく柔らかい文章の例文を持ってきました。

相手がやっている状況に合わせて、挨拶文を書いていくと良いでしょう。

分からない場合は、普通に「新しい年がきましたがいかがお過ごしでしょうか?」

みたいな感じにして手紙を書いていけば大丈夫です。

 

書き出し・結びの挨拶文についてはある程度分かったと思うので、

1月の季語について解説して終わろうと思います。

 

1月の季語について

先ほど紹介した例文を思い出してください。

あの例文に季語が入っています。

1月と言えば寒いので、

寒さが伝わる季語を入れていけば1月らしい手紙が書けます。

 

例えばこのような感じで、

厳しい寒さが続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか

 

さっき紹介した例文とほとんど一緒なんですが、

などの季語を入れて相手に季節を感じさせることができれば大丈夫です。

 

もしも分からない場合は、周りの人に見て貰うことをお勧めします。

手紙なので恥ずかしいかもしれませんが、一番手っ取り早いです。

Yahoo!知恵袋などで手紙の文面を添削してもらってください。

 

というわけで最後までご愛読ありがとうございました。

スポンサードリンク


Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑