初冬の季語って何?何月くらいから始まるのか?

公開日: 

スポンサードリンク

俳句には季語を入れるという決まりがあります。

季語とはそのような目的があるのでしょうか?

季語とは、簡単に言うと季節を感じる言葉です。

季語は、共通のイメージを得て、季節感を感じるためのものです。

 

四季がキッチリある日本ならではの風習で

長い間の歴史の中で多く季語が生まれてきました。

 

基本的にその言葉よりどのような感覚となるのか、肌でどう感じるのか、

味覚でどう感じるのか、視覚でどう感じるのか、聴覚でどう感じるのか、

五感によってきまるのではないでしょうか?

fuyu

季語は五つの季節に分かれています。

春、夏、秋、冬、新年の五つです。

時期的には、春は立春(2月4日ごろ)のころから立夏の前日(5月5日ごろ)

次の夏は、立夏(5月6日ごろ)から立春の前日(8月7日ごろ)までになります。

次の秋は、立秋(8月8日ごろ)から立冬の前日(11月6日ごろ)までになります。

次の冬は立冬(11月7日ごろ)から立春の前(2月3日ごろ)日までになります。

 

冬の一部の短い期間が新年になります。それぞれ季節も細かく分けることができます。

 

春は、初春、仲春、晩春に分けられます。夏は、初夏、仲夏、晩夏に分けられます。

秋は、初秋、仲秋、晩秋に分けられます。冬は、初冬、仲冬、晩冬に分けられます。

それぞれ代表的にあげられる季語は、次の通りです。春は、花見、卒業などです。

夏は、入道雲、蝉などです。秋は、名月、夜長などです。冬は、雪、北風などです。

 

新年は、お年玉、門松などです。

このような季語について調べる場合、歳時記と言う辞典によって調べることができます。

 

また季語は、季節とは別に内容によっても分けることができます。

気候や歴を表す時候、地球や宇宙や空の現象を天分、地に根ざす地理、

人の生活に関する生活、いつも決まった時期を行われる行事、動物、植物です。

 

これらの分類を知ることによって歳時記で季語を探す場合に

この分類で検索すれば便利です。また季語は季節を表すのみではありません。

言葉のもつイメージもあります。

 

これらを理解してうまく効率よく使うことのよって

一七音と言う俳句の短い言葉の中に多くの意味を的確に表すことができます。

まずどの季節について俳句を作るのかを決めます。

そこで視覚、聴覚、臭覚、味覚、触覚の五感を使い

体のすべての季節を感じたことを俳句にすればよりよい俳句を作ることができます。

 

俳句は、日本独自のわびさびをよくあらわす仕組みだと私は思います。

特に何の道具も必要とせず、

豊かな季節を感じて楽しむことができる俳句を作ってみたいと思います

スポンサードリンク


Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑