お風呂でiPhoneを使って故障するの?防水ケースが流行中!

公開日: 

スポンサードリンク

基本的には、iPhoneは防水仕様ではありません。

また電源やデータ通信に使う端子もカバーがなくて防水仕様ではありません。

そのため、お風呂や雨天の屋外など水蒸気等により

湿気が高い場所で使うと機器内部に水分が入って故障する場合もありました。

 

雨天時の屋外や、風呂での使用をあきらめていました。

しかし今多くの人がスマートホンを使って楽しんでいます。

スマートホンを雨天時やお風呂で使うことができれば、

多く音楽や映像を楽しむことができます。

 

目次

  1. 防水ケースの機能
  2. どれくらいの値段がするのか?

 

今のスマートホンは、テレビを楽しむこともできます。

例えばソニーから発売されているナスネなどは

スマートホンでテレビを楽しむだけでなく録画した番組を見ることができます。

 

その上録画した番組をスマートホンやタブレットにデータを移行させて

持ち出すことも可能です。

このようにスマートホンを使う場所を増やす防水ケースを作ればよく売れるでしょう。

bousuike-su

 

1、防水ケースの機能

その防水ケースですが、どのように機能がいるのでしょうか?

当然頑丈な防水機能は必要です。

スマートホンは小さなパソコンなので精密機器になります。

 

そのため堅固な防水機能が必要です。

しかし堅固な防水機能を持っていたとしても、

セットするのに多くのステップを踏む必要があれば、

面倒になり使わないだけでなく購入されることもありません。

2ステップくらいが手頃でしょう。

 

2、どれくらいの値段がするのか?

 

次に金額も重要です。

私の場合それくらいの金額なら購入するのかと考えました。

一回でも水没したら壊れてしまうので、あまりにも安いのは不安で安心して使えません。

100均でも防水ケースが売られていますが、何か怖くて使う気持ちになりません。

 

水没させて何万円もの修理代や機器購入費用を払うのであれば、

もう少し高めのケースを買います。

 

数万円と言われる修理代金を払うのは大変です。

しかし一万円など高額であれば、買えません。

 

1,000円から2,000円程度なら購入するかなと思います。

それでは、防水機能を持つスマートホンを購入すれば、

一気に防水に関することは解決します。

 

防塵機能も合わせもったものであればより確実になります。

防水ケースも持ち歩く必要もなく、防水機能のセット不具合による水没も防止できます。

しかし防水機能を持たないiPhoneを購入します。

 

それほどiPhoneが使いやすいのでしょう。

一番の魅力は、取扱説明書を持たずともある程度は使えます。

 

アンドロイド端末を使ったことがありますがそうは行きませんでした。

取扱説明書を見なければわかりませんでした。

このとっつきやすさがiPhoneの魅力でしょう。

スポンサードリンク


Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑