アルバイトとパートの違いは?どちらも立場は一緒なのか?

公開日: 

スポンサードリンク

アルバイトとパートはどちらも同じように正社員よりも

短時間で働く人のことを指していますよね、どこか違いはあるのでしょうか?

立場はどちらのほうが優位なのしょう?

もしくは立場的なものは一緒なのでしょうか?

今回はアルバイトとパートの違いについて調べてみました。

 

アルバイトとは?どんな働き方のことを言うの?

アルバイトはドイツ語で「労働」という意味なのでそうです。

明治時代に学生が働くことの隠語で「アルバイト」という言葉を使っていました。

それが世間にに浸透したのが始まりです。

arubaito

パートとは?どんな働き方のことを言うの?

パートはパートタイムやパートタイマーなどとも呼ばれていて

「短時間労働者」のことを言います。

1週間の労働時間が正社員よりも短い労働時間の日とのことを指しています。

パートもアルバイトも同じ意味となり、

労働基準法ではパートとアルバイトの区別などは決まっていません。

 

アルバイトとパートは同じ意味?それとも違うの?

先ほども書いたようにパートとアルバイトの違いというのは明確にはありません。

しかし雇用側で区別するためにパートとアルバイトを分けている会社もあります。

 

また一般的にアルバイトは本業は別にあり、

副業として行う労働者を指して言うことが多いようです。

本業の学業があり、別で仕事をしている人がアルバイトなのです。

またパートには子育てがひと段落して、

一定の短時間だけ働くことを指していることが多いです。

また短時間ではなくフルタイムで働く労働者のこともパートと呼ぶ企業があります。

 

アルバイトとパートは立場的にどちらが優位なの?

パートもパルバイトも非正社員であるというだけで、

短時間労働者であるということなので、立場は同じです。

 

アルバイトもパートも契約社員も同じ「パートタイム労働者」と呼ばれています。

法律によって定められた呼び方ではなく企業側が区別しているので、

その企業ごとに細かい決まり事が違います。

 

いかがでしたか?

パートもアルバイトも立場的違いや法律で定められた区別がないことがわかりました。

もともとの「パートタイム労働者」と呼び短時間で働く労働者で

アルバイトも同じ意味となります。

 

しかし本業がある学生が一定時間働いており「パート」と呼ばれています。

明確な違いはないもののパートをする年齢のほうが年齢も近いので、

立場的に優位な感じがいます。企業によってもそれは違ってきます。

スポンサードリンク


シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑