スコップとシャベルの違いは?雪かきはどっちを使う?

公開日:  最終更新日:2014/12/10

スポンサードリンク

スコップとシャベルの違いは何でしょうか?

元々は、英語のシャベル(英語:shovel)と

オランダ語のスコップ(オランダ語:schop)のようです。

JISの規格では、細かい形状が決められているようですが、

おおまかに言うと、シャベルは足をかけて使えるものを言うようです。

一方足をかける部分がないものをスコップと言うようです。

sukoltupu

その他先の形で尖がっているものと四角いものがあります。

先が平らなもの私は、平スコップと呼んでいました。

 

このことよりサイズで言えばシャベル>スコップとなるのでしょうか。

ただ現実に日本では、西日本と東日本ではちょっと違いようです。

東日本では、大きいものをスコップと呼び、小さいものをシャベルと呼びます。

 

しかし西日本では、大きいものをシャネルと呼び、小さいものをスコップと呼びます。

大型の機械でシャベルカーというものがありますが、スコップカーというものはありません。

そこから考えると、大きいものはシャベル、小さいものはスコップと言う人が

多いのではないかと感じます。

 

私は、西日本なので子供のころ砂場で遊んだのはスコップで、

工事現場で使うのはシャベルと呼んでいました。

その他の区別では工事現場など土木作業で使うものはシャベルと呼び、

家庭菜園など園芸で使うものをスコップと呼びます。

見かけでは、持ち手が違います。単に持つものはスコップと呼び、

掛ける部分がある方がシャベルと分けています。

まあどちらでも呼び方の問題なので通じればいいのです。

 

やはり工具関係で大事なのは使い方と適切な道具ということでしょうか。

例えばシャベルについては、先が尖がったものと平らなものがあります。

地面に穴を掘るときに、平らなものでは、なかなか進みません。

 

やはり尖がったもので最初はやると早いです、

尖がったシャベルである程度柔らかくなるまで地面を掘って

その後四角にするなど綺麗にする場合や土をほりだす場合は

平らなスコップの方が便利です。

 

また溝掃除をする場合各シャベルでは、うまく土をすくうことができません。

やはり平らなスコップでやればスムーズに綺麗にできます。

そのほか金槌でもはじめにくぎをたたくのは、へこんでいる方で、

最後は出ている方で釘を打てば釘が飛び出ることがなく綺麗に仕上がります。

 

このように工具は適材適所で適切な使い方を行えば、楽に早く綺麗にできます。

なおこれは人にも言えるかと思います。

適材適所に人を配置すれば、うまく回っていくし、

人には適材適所は絶対にあると思っています。

スポンサードリンク


シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑