赤ちゃんポストにあなたは賛成?設置されたその後は・・・

公開日: 

スポンサードリンク

赤ちゃんポストは、熊本に2007年5月に設置され一時話題になりました。

その後定期的に利用状況や施設の改善が図られているようですが、

現在も継続して設置されています。

その運用状況を確認してみると今まで100人ほどの赤ちゃんが預けられてようです。

 

設置の目的は?

設置の目的は、望まれず出産された新生児の命を守ること

優先として育てられたのですが、原因を調べてみると目的を勘違いして

預けていると考えられる親がいるようです。

 

私が赤ちゃんポスト設置に賛成の理由

そもそも私は、赤ちゃんポストの設置にはおおむね賛成です。

まず、子供は親のものではなく世間全体のものであり、

育てるのを親に委託しているだけだと思っています。

akachan

だから、理由はどうあれ子育てをできないという親は、育児するべきではなく、

世間に預けて世間で育てるものであると思うからです。

 

たしかにとんでもない理由で赤ちゃんポストに預ける親もいるかもしれません。

しかし子供目線で見れば、そんな親に育てられるくらいなら

赤ちゃんポストに預けるなどしてもらって育児をしないでほしいです。

 

理想論を言えば、すべての子供が自分に親に育てられるのがいいとは思います。

しかし虐待や育児放棄されるぐらいなら育てないでほしい。

肉親に受けた虐待や育児放棄は、他人に受けるものより何倍も

その子供の人格形成等に悪影響を与え、うまく大人になったとしても、

今度自分の子供が生まれた時にその子供に同じことを繰り返すなど

負の連鎖を招きろくなことがありません。

 

そんな状態になるなら、適切な施設に入れたり、里親に出すなどして

適切な育て方世間でする方がいいかと思います。

 

また一方親にも世間は、過度の責任を負わせているのではないかと思います。

人は、大人になれば結婚して子供ができてちゃんと子育てをしなければ行かないし、

そうあるべきであるという雰囲気があると思います。

しかし親もいろいろな人がいます。

当然すべてに人が、子育てをうまくできることはあり得ません。

だから“親にちゃんと子育てしろ“と言っても意味がないです。

最初から育児をしないと思っている親はいないと思っています。

 

人の本能にある育児をするという気持ちはすべて人に備わっていると思っています。

何らかの理由により育児ができない状況になっているのではないでしょうか?

ごくまれに本能にかける場合もあるかと思いますがその場合を除いては、

世間が子育てを経済的なことも含めて適切に援助するべきだと思います。

 

これまで使い古されて言葉ですが”子供は世間の宝“です。

世間全体で育てるという観点から言えば、

方法には検討の余地はあるかもしれませんが、赤ちゃんポストには賛成です。

しかし理想は親が自分で子供を育てる、その環境を世間が作るだと思います。

スポンサードリンク


Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑