女子の可愛いく見える一人暮らしインテリアをご紹介!

公開日:  最終更新日:2014/12/27

スポンサードリンク

hitorikurasijosi

今回は「女子の可愛く見えるインテリア」と題しまして

「女子力アップ」が期待できる部屋づくりを簡単にご紹介したいと思います。

 

女子力アップの部屋づくり

まずは掃除!

清潔感を全面に出せるよう毎日の掃除は必須ですよね。

確かに掃除は面倒な作業ですが、

せっかくかわいいインテリアを置いていても、部屋が「ゴミ屋敷」のような散らかりようでは、

相手に与える印象はマイナスでしかありません。

口うるさいようですが部屋の掃除はキチんとするのが大事。

 

雑然と置いてある雑誌や小物類なんかも整理整頓すれば

「意外と広い」と思うほど室内がスッキリします。

収納も上手く工夫すれば、簡単に整理できますよね。

 

台所も要注意。

食べ残しがそのまま残っている台所は問題外ですが、

何もないキッチンも「この子料理できないの?」とマイナスイメージが付いてしまう可能性も。

やっぱり料理ができる女子は昔も今も好まれるものですから、キッチン用品も揃える方が良いと思います。

 

では、本題に移りますが、女子のインテリア用品は男性と違ってたくさん種類があってカラフルで、

どれも可愛らしさを基調としたものが多いのですが、少し考えなくてはならないのが

「私の部屋にこのインテリアは合うのか」ということです。

 

闇雲に自分の趣味を追い続けるのはダメ。

例えば自分の住んでいる部屋の床や壁の色なんかは必ず確認しながら購入しないと、

相性の悪い色を選んでしまっては部屋の雰囲気が良くなるどころか、

逆にそのインテリアのせいで、イメージが何もかも悪くなることもあります。

特にソファやカーテンなど、中々取り替えることが難しい商品は吟味が必要です。

また、統一感のある色調やテイストにするのも大事。

せっかくカワイイものを揃えてもバラバラなテイストや色調で

一つ一つのインテリアが勝手に自己主張を始めると部屋の雰囲気が台無し。

テーマを決めた部屋づくり(お嬢様系か北欧系。ナチュラルな感じ等々)をしましょう。

その方がかなりスッキリします。

 

高い本棚や、背の高いベットやソファーなども相手に威圧感や圧迫感を与える原因になります。

なるべく背の低い家具で統一すれば部屋全体が整って見えて、好印象を持ってくれることでしょう。

間接照明や観葉植物などを置いて、さりげなく女子力をアピールするのも有効です。

 

意外と大事なものとは

女子力アップのインテリアで意外と重要なのが「香り」です。

間の五感(視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚)の中でも嗅覚だけは、

脳への情報伝達経路が違うことが最近解明され、

嗅覚が刺激された情報は大脳辺縁系(海馬・偏桃体など)に送られるそうです。

 

この大脳辺縁体と呼ばれる部位は「感情を司る脳」として知られているので、

匂いによって記憶や感情が呼び起されることになります。

特に強烈に記憶された匂いは「フラッシュバック」といって、

その時の思いや記憶が急に思い出されることになります。

これを「ブルースト効果」というんだそうです(恋人の残り香を思い出すってことですか・・・)。

 

つまり、人間の嗅覚は昔からある本能的な、そしてより発達した感覚器官ですから、

匂いによって相手に対する感情も変わってくるということなんですって

(よく食べ物とか腐っていないか匂いを嗅ぎますよね。あれも昔からある人間の防衛反応なんです)。

 

だから、オシャレで可愛いインテリアを揃えたとしても、

「うっ・・・」なんて鼻を塞がれたらアウトですね。

だからといって、きつい芳香剤を振りまいたとしても、

今度は刺激臭が強かったりして不快感を増します。

ですので、低刺激の芳香剤やお香を焚くなど「アロマテラピー」について気を配るのも大事になりますよね。

 

こう見てくると「女子って大変」と思っちゃいますが、

基本は「楽しく部屋を飾る」ことが大事になってきますよね。

毎日生活する場所ですから、ストレスなく楽しい「シングルライフ」が遅れるよう部屋づくりをしましょう。

スポンサードリンク


シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑