大豆アレルギーの症状って?湿疹が出てきたら危険信号!

公開日:  最終更新日:2015/03/25

スポンサードリンク

daizu

自分は大豆アレルギーなんて無いよ?

豆腐とか普通に食べているし、という人も要注意!

実は豆乳とかにだけ反応する大豆アレルギーが増えてきているのです。

大豆アレルギーの症状って?湿疹が出てきたら危険信号!

ではではさっそく詳しく解説します。

 

大豆アレルギーとは???

areruy

大豆関連食品を食べる、或いは匂いを嗅ぐといった行為で

発症するアレルギー症状です。

症状としては湿疹やアトピーが主で、

アナフィラキシーや喘息を引き起こす事は少ないとされています。

 

結果的に重症化する事が少ないので

あまり神経質にならずに済む事が多いアレルギーです。

ただ、大豆製品は日本の食生活に大きく浸透しているので、

避けるのがとても大変ではあります。

 

よほどの重症でない限り大豆関連の醤油や味噌などの調味料類には

あまり反応しない事が多い為、

アレルギーの人でも安全に使用出来る場合が多いようです。

 

大豆やおから、納豆、きなこや油揚げ、大豆から作った

乳化剤を使用したお菓子などに対する反応が顕著なので

これらには代替製品を使う必要があります。

大豆は大丈夫でも豆乳に反応する大豆アレルギーとは?

arerugi-

大豆そのものや加工製品にはアレルギー反応を示さないのに

豆乳にアレルギーを起こす人が増えています。

これは主にカバノキ科花粉症に発症している人が

豆乳を摂取した時に起こる場合が多く、

口腔アレルギー症候群と呼ばれています。

 

この原因としてはカバノキ科の花粉に含まれるアレルギー物質と

大豆の中にあって発酵などの加工の途中で失われるタンパク質に似たものが

ある為に起きるのではないかと言われています。

果物にも似た物質があり、結果として花粉症の患者さんで豆乳や

果物にアレルギー症状を発症する人が増えているという事です。

 

症状としては湿疹やかゆみ、

酷い時には呼吸困難などを伴うので、注意が必要です。

 

摂取の蓄積で発症するのではない

daizuzu

アレルギーの俗説としてアレルギー性物質を摂取し続けた蓄積で

発症するという物がありますが、

この大豆アレルギーはそのような原因で発症する訳ではありません。

 

その食品などに含まれるタンパク質を危険な物質として

認識してしまった体がそのタンパク質に

拒絶反応を起こす為に発症してしまうのです。

 

花粉症から豆乳の大豆アレルギーを発症する場合が顕著で、

花粉のアレルギー物質と構成が似ていた為に

誤認されてしまったという事のようです。

 

一度発症してしまった場合はその原因物質を避けないと接触する度に

アレルギー症状を発症する事になります。

一度専門医にアレルギー物質の特定をしてもらい、

カバノキ科に対するアレルギーがある場合は

豆乳や果物も危険がある事を認識する必要があるでしょう。

 

スポンサードリンク

大豆アレルギーの種類

dai

【クラス1食物アレルギー】

発症経路:食物として飲食して、腸で吸収する事で発症します。

食べられない物:大豆、黒豆、枝豆、これらの加工品、

大豆由来の乳化剤を使った菓子類(醤油、味噌などは発症しない事も多い)

症状:全身に湿疹、下痢、腹痛、嘔吐などです。

 

【クラス2食物アレルギー】

発症経路:口の粘膜に触れた事で発症します。

食べられない物:豆乳、リンコ、モモ、サクランボ、ビワなど

液状の物が発症しやすいようです。

症状:口周辺の痺れや腫れ、湿疹、顔の腫れなどです。

 

花粉症から大豆アレルギーへ

kafunsyo

花粉症から豆乳に特に反応する大豆アレルギーになってしまう場合、

元々大豆アレルギーでもなんでもない人が発症するので、

なかなか気付く事が出来ない場合が多いようです。

花粉症の弊害とは言え、

かなりやっかいなアレルギーと言って良いでしょう。

 

しかも豆乳だけではなく、

バラ科の果物にも反応してしまう可能性もあるという事で、

一度この症状が出てしまうと、

果物を食べるのにも恐る恐る食べる事になってしまいます。

 

国民生活センターによると、発症するのは成人女性が多いという事ですが、

なぜそうなるのかの理由はまだはっきりとは分かっていないようです。

勝手な推測を述べるなら、豆乳や果物は女性はダイエットなどの目的で

良く摂取するからではないかと思うのですが、

今後の研究で解明してもらいたいですね。

 

それにしても花粉症で苦しむだけでも大変なのに、

それが飲み物や食べ物にまで飛び火するというのは迷惑すぎる話です。

くれぐれも口や喉が急にかゆくなったり湿疹が出来た時には

飲食物にそれらしき物がなかったか疑ってみてください。

 

大豆アレルギーについて

mame

激症化しにくいとは言え、

激症化する可能性が無い訳ではないので、

あまり軽く見るのも危険です。

また発酵加工品の醤油や味噌は発症しにくいとは言え、

症状の重い人にはやはり危険なので注意しましょう。

 

クラス2アレルギーである花粉症から

大豆アレルギーになった場合も、豆乳だけでなく

大豆製品全般で発症する可能性もあります。

一気に大量摂取したりする事は避けてください。

 

詳細なアレルギー物質のあぶりだし等は専門の病院で行うしかないので、

早めに病院で診断してもらいましょう。

病院では投薬治療なども行っているので、

ある程度症状を抑える事は可能です。

ただし、アレルギー原因物質は摂取しない事が基本です。

スポンサードリンク


Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑