日焼けが超超痛い!何日で治る?すぐに治す対処法をご紹介!

公開日: 

スポンサードリンク

hiy

日差しが強くなって来ると油断大敵!ヒリヒリしてお風呂が辛い日焼け。

そんな日焼けが超超痛い!何日で治る?すぐに治す対処法をご紹介!

肌が弱いアナタもこれで安心です。

 

実は怖い日焼け

日焼けって単に肌が黒くなるだけではありません。

これって実は火傷なんですよね。

つまり肌を痛めつけているのです。

だから日焼けを放置していると肌にはダメージが蓄積されていきます。

 

あまり日焼けになり過ぎた肌は治療の為に硬くなって

更にメラミンが定着してしまい、

将来的には浅黒く堅いシワシワの肌になると言われていますね。

その時になってしまってはもう手の打ちようがありません。

日焼けは早めに治療するべきなのです。

 

日焼けを定着する前に治そう

hi

日焼けが火傷なら治療法は多くの人が知っています。

そう、まずは冷やすのですね。

火傷の場合は雑菌が入らないように流水で冷やすのが良いと言われていますが、

軽い日焼けならそこまで気にしなくて良いので

冷えピタやアイスノンで冷やしても大丈夫です。

 

平気な人なら水のシャワーでも良いですね。

とにかく火照っている内になるべく早く冷やすようにしましょう。

 

スポンサードリンク


 

日焼けをした時の洗顔やお風呂

既にダメージを受けた肌にダメージを重ねては治るものも治りません。

石鹸や洗顔クリームは刺激の少ない物を使って、

あまり肌を擦らないようにしましょう。

お風呂は熱いお湯を避けて少し温めにした方が良いでしょう。

赤ちゃん用のボディシャンプーなどを使うと良いかもしれません。

とにかく肌を冷やしてしまわないといけないので、

実はお風呂自体もあまり良くはありません。

お風呂から上がったら出来るだけ早めに火照りを冷ましてください。

 

水分補給

petobotoru

日焼けで肌の表面の水分は奪われてしまっています。

早々に水分補給が必要です。

出来るだけ多くの水かスポーツ飲料水を補給してください。

内側からだけでは追いつかないので肌に直接の補給も大切です。

添加物の少ない刺激のあまりない化粧水を

たっぷりと付けると良いでしょう。

 

ただ、化粧水だけを付けると乾燥する時に

また肌が疲労してしまうので、保湿クリームも塗っておきましょう。

こちらも刺激のあるものは避けてください。

 

肌が生まれ変わる為の食事をしましょう

肌の治療は進みましたが、

今度は肌を再生する為の材料が必要となります。

何もない所から肌が生まれる訳ではありません。

肌を作るのに必要な食事をきちんと摂りましょう。

 

【タンパク質】
肌の基本材料はタンパク質です。
動物性タンパク質と植物性タンパク質があります。
卵や鶏肉、大豆製品の豆腐や納豆などが有名ですね。

【ビタミンB群、A、C、E】
肌の再生に一番の働きをするのがビタミンCです。
アセロナやレモン、キウイなどが有名ですが、ピーマンやブロッコリーなどは他のビタミンも豊富なので一挙両得です。
ビタミンB群はタンパク質を再構成する時に必要となります。
ビタミンAやEは肌を健康的にハリツヤのある状態にしてくれます。
緑黄色野菜やレバーなどを食べる事をオススメします。

【ミネラル】
亜鉛やマグネシウムは肌の再生に必須のミネラルです。
牡蠣や魚、レバーなどに多く含まれています。

 

良い睡眠が綺麗な肌を作る

肌は夜寝ている時に作られています。

夜更かしをしたり眠りが浅かったりすると、

この肌の再生機能であるターンオーバーが上手く働かなくなってしまいます。

この肌が再生するターンオーバーの時間帯は

22時から2時までの間だと言われています。

この時間帯に深い眠りに入っている必要があるのです。

良い眠りにはいくつか条件があります。

 

【寝る直前に強い光を見ない】
寝る前1時間ぐらいからテレビやパソコン、スマホなど、強い光を発する物を見ないようにしましょう。
これは強い光を見ると脳が興奮状態になってしまい眠りが浅くなってしまうためです。

【寝る時は暗くしましょう】
少しでも光があると体が深く眠れません。
寝る時は真っ暗な状態にしてください。

【体温が上がって下がりだす頃が良い眠りのタイミング】
お風呂に入ってすぐに布団に入ると丁度体温が下がりだし心地よく眠りに付けます。

 

日焼けは普段から気をつけよう

日焼けになってしまってからそれをなるべく早く治してしまう方法を

ご紹介して来ましたが、やはり日焼けにならない為の工夫も大切です。

ただし日光に当たる事自体は実は健康の為に必要な事です。

 

日焼けが怖いから外に出ないというのは本末転倒で、

適度に日に当たらないと却って不健康になってしまいます。

しかし、この日光に当たる時間は1日15分程度で十分で、

それ以上は危険となります。

日焼け防止には日焼け止めクリームが最適でしょう。

 

どうしても長時間日光下にいなければならない場合は

日焼け止めを丁寧に塗っておきましょう。

日焼け止めの効果の目安であるSPF(紫外線防止指数)ですが、

この数値が何を表しているかご存知でしょうか?

 

これは日差しを浴びて皮膚が赤くなるまでの時間を

どのくらい引き伸ばせるかという数字です。

SPF20の場合普段の20倍の時間防御するという事なので、

20分でひりひりしていた人なら400分、

約6時間半ぐらい守ってくれるという事になります。

日光下にいる時間や自分の日焼けになりやすさに応じて選ぶと良いと思います。

スポンサードリンク


シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑