腹ばいのやり方って?いつから練習するべき?意味はあるのか?

公開日:  最終更新日:2015/04/17

スポンサードリンク

aka

子育て、特に始めての子育てだと、

1つ1つの事が分からない事だらけで神経をすり減らします。

うつぶせ寝が悪いと聞くと腹ばいも大丈夫なのか?と心配になりますよね。

でも腹ばいは赤ちゃんの成長の印なのです。

腹ばいのやり方って?いつから練習するべき?意味はあるのか?

色々気になる事を調べてみました。

段階を踏む事の大切さ

赤ちゃんは段階を踏んで成長して行きます。

表情、言葉、動き、全てが順を追っての成長の段階です。

身体が動くようになるという事だけではなく、

脳も学習しながら成長しているのです。

 

最初の段階のただ手足を動かすだけの段階では延髄という脳の古い部分、

腹ばいで脳橋、そして更にその他の部分と、活性化して行きます。

この学習、活性化の段階は、

出来る限り丁寧に行った方が良いのはなんとなく分かると思います。

 

どんな物も基礎となる部分がしっかりしている方が頑健です。

ハイハイの前段階としての腹ばいは、

特に視界の切り替わりという意味でも重要な段階に当たり、

飛ばすわけにはいかない部分なのです。

赤ちゃんに腹ばいの練習をさせる時期としては

生後2ヶ月程度が相応しいと言われています。

 

腹ばいの視界を確保する

赤ちゃんは腹ばいが出来るようになるまで常に仰向けの視界しか持ちません。

つまり動かない天井か顔を見せる家族しか見たことが無いのです。

それが腹ばいになると自分の下にある物を意識するようになります。

更に内臓が上下逆転する事によって活発に働くようになります。

 

その後、徐々に頭を持ち上げる事によって視界の広がりを得る事になるのです。

そしてこの視界の広がりによって物に興味を抱くようになる訳です。

特に、腹ばいから頭を持ち上げるという部分が大切になります。

この時に推奨されるのがお母さんが

同じような姿勢になって見本を示しながら声を掛ける事です。

 

赤ちゃんはお母さんの声に反応するので、

お母さんを確認しようと顔を上げます。

これを少しずつ長く出来るように練習します。

やがて赤ちゃんはお母さんの方に自分で行こうとします。

この時に行うのがずりばいと呼ばれる行動です。

 

いわゆる匍匐前進の事ですね。

この時に脳と共に身体も発達します。

腹筋が鍛えられて内臓が刺激され、

便秘が解消されて食欲も上がり出します。

ハイハイの前段階のずりばいが大切な理由がここにあります。

 

腹ばいの環境。

 

腹ばい、ずりばいが始まると赤ちゃんの行動範囲は広がります。

興味を持った物に近付いて触ったり口に入れたりして

確認しようとするようになるのです。

このため、この時期には床は清潔に、危ない物、

特に簡単に飲み込めるような物は近くに置かないようにしなければなりません。

ハイハイはまだなのだからと安心していると大変な事になってしまいます。

くれぐれも注意が必要です。

 

また、赤ちゃんの中には腹ばいが苦手な子や肘を後ろに引いてしまう子がいます。

そういった子の場合は丸めたタオルを胸の下に敷いて上げたりすると良いようです。

腹ばいをする時には毛足の長い絨毯や、

身体が沈み込んでしまうようなクッションの上では行わないように注意が必要です。

赤ちゃんはまだ大きく顔を上げる事が出来ないので窒息をしてしまう危険があります。

必ず大人が付いている環境で腹ばいずりばいをさせるようにしましょう。

スポンサードリンク

成長には個人差があります

自分の子どもは2ヶ月ではまだ頭を上げられない、という事もあると思います。

人間は1人1人個性があり、成長の早さもそれぞれです。

ゆっくりで良いので段階を踏ませてあげてください。

赤ちゃんは頭から下へと向かって成長すると言われています。

まずは首が据わる事が大切です。

 

腹ばいで首が上がるようになると、次は腕を使って動こうとします。

それが出来ると足も使って動き出します。

この時期には内臓の発達も進んで、

そろそろ離乳食という段階になりますよね。

 

その全てを急ぎ過ぎないでじっくりと進めて行きましょう。

早い事が良い事ではありません。

しっかり成長する事が肝心なのです。

それには大人の手助けが必要です。

 

大人が手伝う事

親が赤ちゃんに対して行う働きかけは、

知能や情緒、運動能力の発達において、とても重要になっています。

なぜなら赤ちゃんに考えさせる事、興味を抱かせる事、動機付け、

言葉と意味の繋がり、それら全てを赤ちゃんは親を通して学ぶからです。

 

赤ちゃんがまだ話せない時でも、きちんと目を見て話し掛けてください。

赤ちゃんにとって母親は特別な存在です。

母親の言葉や仕草、その感情に敏感に反応します。

そばにいてくれるだけで安心する事が出来、沢山の興味に応えを欲します。

その時に必要なのは正解ではなく、コミュニケーションなのです。

 

赤ちゃんが興味を抱く事に根気よく付き合ってあげる事、

褒めてあげる事、触れてあげる事が一番大切になって来ます。

赤ちゃんが腹ばいからずりばいに移行するのも

どこかに行こうとするからで、

その一番の目標はお母さんである事が多いのです。

スポンサードリンク


Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑