エアコンの掃除を自分でやっちゃおう!素人でも簡単にできる!

公開日:  最終更新日:2015/04/28

スポンサードリンク

eakon

エアコンはいつもきれいにしていないと

電気代がすごくかかってしまいます。

さらにほこりがたまると、室内の衛生面も心配です。

でも、エアコンの掃除といっても

フィルターのほこりを掃除機できれいにするくらいしか思いつきません。

では、素人でもできるエアコンの掃除ってどんなことができるのでしょう?

エアコンは電気製品ですから、

エアコンに詳しくない素人が手を出すと故障の原因になることがあります。

せっかく自分で掃除をしたのに、

それが原因で故障したなんてことになったら、元も子もありませせん。

素人でも簡単にできて、故障の心配がない

エアコンの掃除についてお伝えしていきます。

 

エアコンの掃除をする前に確認しておくこと

エアコンは、メーカー、機種によってお手入れの方法が変わってきます。

まず、あなたのおうちのエアコンがどんなお手入れをできるのか

必ず確認してください。

取扱説明書には、私たち素人が触ってはいけないところも書いてありますので、

せっかくお掃除したのに、故障してしまった、

そんなことにならないようにしっかりと読んでからお掃除を始めましょう。

素人でも簡単にできるエアコン掃除

最近では「自動掃除機能」がついたエアコンもたくさん登場しています。

自動掃除機能がついているエアコンとついていないエアコンでは、

素人ができるお掃除は変わってきます。

まずは自動掃除機能がついていないエアコンからお伝えしていきます。

スポンサードリンク

自動掃除機能がないエアコンの掃除方法

このタイプのエアコンの掃除は2箇所です。

・前面のフィルター
・エアコンの外側

まずは前面のフィルターです。

エアコン本体からフィルターを取り外します。

 

この時、ほこりがたまっていると舞い上がったりしますので、

ゆっくりと外しましょう。

フィルターを外したら、掃除機でほこりを吸い取ります。

ほこりが取れにくいからと掃除機の吸い込み口を強く押し付けるのはNGです。

 

フィルターの目をつぶしてしまったり、ひどいときには穴を開けてしまいます。

このような状態になると、フィルターの働きが弱くなり、

エアコン本体にほこりが入りやすくなります。

 

軽く掃除機の吸い込み口をフィルターに当て、

吸い込む力だけでほこりを取り除いていきます。

目立ったほこりが取れたらOKです。

 

 

次に、

中性洗剤を薄めたぬるま湯で、柔らかい布を使って洗います。

このときもゴシゴシこすったりしないようにして下さい。

 

エアコンのフィルターは意外に弱いので、

強くこすったりすると変形したりしてフィルターの力が弱くなります。

ほこりが取れたらお水で洗剤を落とすために軽くすすぎます。

 

パッと水切りをして、日陰で乾燥させます。

この時、新聞紙などを敷いておくと床が汚れずにすみます。

次にエアコンの外側をきれいにします。

固く絞った柔らかい布で軽く拭きます。

 

汚れが目立つときは、中性洗剤を薄めたぬるま湯でふき取ります。

その後、もう一度固く絞った柔らかい布でふき取ります。

 

洗剤が残っていると変色の原因になりますので、

きちんとふき取ってください。

これらのお手入れを2週間に一度することで、

エアコンを常にきれいに使うことができ、電気代の節約になります。

エアコン内部はさわらないように気をつけてください。

特に金属部は熱交換器と言い、エアコンにとって重要な部分です。

 

この熱交換器はとても柔らかいので、

ちょっと力をかけるとすぐに変形してしまいます。

 

私の経験では、爪で押した程度でも変形しました。

熱交換器が変形すると、エアコンの能力に影響が出ます。

ひどい変形になると修理ということにもなりますので、
特に注意してください。

 

自動掃除機能つきエアコンの掃除方法

このタイプのエアコンは、

メーカーや機種によって私たちが掃除をする方法が全く違います。

 

必ず取扱説明書を読んで、間違いのない掃除をしましょう。

自動掃除機能は、フィルターだけでなく内部もきれいにしてくれますので、

普段のお手入れはとても簡単になります。

 

ただ、いくつかお手入れが必要な部分がありますのでお伝えします。

 

●自動掃除機能で取れたほこりなどの掃除方法

自動掃除機能があるエアコンにはほこりなどを溜めるダストボックスがあります。

名称はメーカーによって違います。

 

このダストボックスを取り外し、掃除機で溜まったほこりなどを吸い取ります。

この時、中の部品などを壊さないよう注意してください。

汚れがひどいときは、ぬるま湯で洗います。

その後、日陰で陰干しします。

 

●フィルターの掃除

フィルターは掃除する必要はまずありませんが、汚れが目立つときは取り外し、

掃除機やぬるま湯できれいにします。

この時、自動掃除機能のないエアコンと同じように、

フィルターを変形させたり、目をつぶしてしまわないよう注意してください。

 

掃除機の吸い込み口を強く押し当てる、

水洗いのときゴシゴシこする、

このような掃除をするとフィルターが痛んでしまいます。

 

熱交換器などの掃除はどうすればいいのでしょう

熱交換器などの掃除は専門の業者さんに依頼することをおすすめします。

エアコン内部は素人が手を入れると故障の原因になります。

 

あと、業者さんにお願いするときは、夏前などのシーズンを外すと

かなりお得な料金でお手入れしてもらえます。

素人にでもできる簡単なエアコンの掃除方法をお伝えしてきました。

これでエアコンの能力も上がり、電気代も節約することができます。

スポンサードリンク


シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑