紅茶の効果・効能が凄い!利尿作用は本当にあるのか?

公開日:  最終更新日:2017/05/01

スポンサードリンク


紅茶にはたくさんのすごい効果があります。

これは世界中でお茶の8割が紅茶である、

ということからも簡単に想像できてしまいます。

 

紅茶にはなぜ、このようにたくさんの効果や効能があるのでしょうか。

その秘密は、紅茶に含まれる「緑茶カテキン」と「紅茶テアフラビン」の

効果によるものが多いのです。

 

美容、健康、リラックス効果、さらにはインフルエンザ予防と

さまざまな効果や効能が期待できる紅茶。

さらに利尿効果も期待されている。

 

私たちにとって、まさに万能ともいえる効果を持つ紅茶。

その紅茶の効果と効能を分かりやすくまとめました。

紅茶の持つ効果、効能とは。

koucha

紅茶の持つ効果、効能を分かりやすくお伝えするために、

  1. 健康への効果
  2. 美容への効果
  3. 精神の安定への効果

と、3つのジャンルに分けてお伝えしていきます。

スポンサードリンク

健康への効果

健康への効果は、「緑茶カテキン」と「紅茶テアフラビン」の
力が大きな役割を果たしています。

・がんなど、生活習慣病の発生を抑える

活性酸素が細胞組織の劣化や、血液中の脂質の酸化を起こすことが
最近の医学の研究で明らかになってきました。

つまり、活性酸素(フリーラジカル)の発生を抑制することができれば、
生活習慣病や、気になる老化を防止することができます。

生活習慣病とは、以前、成人病と呼ばれた、
がん、高血圧、脳卒中、心臓病、糖尿病などを言います。
紅茶が、生活習慣病の予防や老化の抑制に効果があるのは、
紅茶に含まれる「緑茶カテキン」や「紅茶テアフラビン」が抗酸化物質として、
活性酵素の活動を抑えることができるからです。

さらに、
あまり知られてはいませんが、紅茶には、
カルシウム、カリウム、ビタミンB1、B2、ナイアシンなどのビタミン類やミネラルが
豊富に含まれています。

ですから、
活性酵素の働きを抑制するだけでなく、新陳代謝を活発にし、
体を健康な状態に保ってくれます。
また、インフルエンザの予防にも効果があるとされています。

特に、妊婦さんなどお薬を飲めない方にとっては、
とても興味深い効果です。

インフルエンザの予防には、紅茶のうがいが効果があります。

これは「緑茶カテキン」や「紅茶テアフラビン」の
殺菌作用や抗酸化作用が大きく作用しています。
この「紅茶テアフラビン」はHIV、HIVに伴う認知症、
さらに加齢に伴う認知症にも効果があると報告されています。
さらに、風邪などの予防や症状緩和にも効果があります。

風邪の予防、症状緩和は、インフルエンザと同じく、
紅茶のうがいが効果があります。

 

美容への効果

美容で一番気になるのは、シミではないでしょうか。

加齢による老人性シミの発生は、活性酵素の影響によるものです。

紅茶にはこの活性酵素の働きを抑える
「緑茶カテキン」や「紅茶テアフラビン」が含まれています。

数々のビタミン、ミネラルとともに、
お肌の老化を抑制し、健康で美しいお肌を保つ力があります。
さらに「緑茶カテキン」はダイエットにも効果があります。

ダイエットといえば烏龍茶の脂肪分解作用が有名ですが、
紅茶にも同じような作用があり、ダイエットにも効果があります。

お茶の葉は、烏龍茶でも紅茶でも、日本茶でも元は同じ茶葉です。
製造過程で違いから、色や香りなども変わってきます。

ですから、もともと、みな同じような効果があるのですが、
特に紅茶は製造過程から「緑茶カテキン」や「紅茶テアフラビン」
その他のビタミン類やミネラルが豊富に含有されているのです。
美容といえば美しく白い歯が魅力的です。

紅茶は、美しい歯を作るのにも効果があります。

紅茶に含まれる「緑茶カテキン」や「紅茶テアフラビン」は、
歯垢を作る歯垢合成酵素を働かせない力があります。

ですから、紅茶でうがいをすることで
歯に歯垢がつくのを防止することができます。
また、紅茶にはフッ素が含まれていますので、
歯の表面のエナメル質を強くする効果があります。

紅茶は歯の健康と美しさを保つ力があります。

 

精神の安定への効果

現代は仕事だけでなく、ちょっとした人付き合いなどでも
ストレスを感じてしまいます。

そんなストレスを解消する効果が紅茶にはあります。
紅茶の香りはアロマテラピー効果で心を落ち着かせ、
リラックスすることができます。

ストレスを感じたときや、イライラしたとき、
ゆっくりと香りを楽しみながら紅茶を飲むことで、
香りだけでなく、穏やかな雰囲気も楽しむことができます。
また、紅茶にはカフェインの効果によるストレスの解消も期待できます。

紅茶のカフェインの特徴はマイルドな作用です。

もともとカフェインは、疲労回復や興奮作用、覚醒作用などがあります。

紅茶のカフェインにもそれらの作用がありますが、穏やかに作用しますので、
ゆったりとストレスを解消できます。

 

紅茶のもう1つの大切な働き

忘れてはいけない紅茶の働きに利尿作用があります。

利尿作用は、体の中の毒素を排出して体を健康に保ちます。

また、夏場、汗をかくことが多い時期は尿が少なくなります。
尿が少なくなると膀胱などの病気になることがあります。

汗をかく季節は、いくら水分を補給しても、
汗になって体外に出されてしまいます。

紅茶の利尿作用によって、
体内の毒素を排出したり、
膀胱などの病気を未然に防ぐことができます。
まさにマルチな働きのある紅茶。

香りや味を楽しみながら、健康や美しいお肌、
ストレスのない生活を手に入れましょう。

 

どの紅茶がいいのかわからない!!というかたのために、

紅茶は種類によって効果が違う?人気紅茶の一覧まとめ!

の記事を書いたのでよかったらご覧ください♪

 

スポンサードリンク


Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑