イースターエッグを簡単に作る方法を公開!画像アリ

公開日: 

スポンサードリンク

春の訪れを感じさせるものって結構ありますが、「イースーターエッグ」もその一つですよね、

そもそもキリスト教の復活祭(イースター)を祝うための飾り付けですが、

復活祭は大体春頃なのでイースターエッグといば春の風物詩となります。

isutaeg

イースターエッグの由来

キリスト教を信仰していない人から見ると、「復活祭」はなじみの薄いものですが、

キリスト教徒にはクリスマスと共に大事な行事の一つです。

復活祭とは十字架に張り付けられ天に召されたイエス・キリストが、

三日目に復活(蘇る)したことを記念したもので「春分の日の後の最初の満月の次の日曜日」に

復活祭として祝うことが定められています。

復活祭の日付は毎年変わっているのが特徴で、因みに2015年は4月5日になります。

 

卵を使うのは、卵がキリストの墓と、そこから抜け出すことで復活した命の象徴だからだそうで、

伝統的には復活祭を祝う時、友人に赤く染めた卵を送ります。

本来は、ゆで卵を染めたり、塗ったりするのですが、

最近では、チョコレートで作った卵や卵型プラスチックや発泡スチロールを使用することが増えてきています。

 

イースターエッグの作り方

では、イースターエッグの作り方を簡単にご紹介します。

 

用意するもの

  • 生卵
  • フォーク(安全ピンでも可)
  • 爪楊枝
  • クレヨンやサインペン、絵の具など(色付け)
  • ビーズやスパンコール、リボンなど
  • 接着剤

 

となります。

(卵については、ゆで卵でもイースターエッグは作れますが、長期の保存が難しいので、少し向いていないと思います)

 

卵に穴をあける

まずは、卵の頭とお尻に小さな穴をあけます。卵に穴をあけるには、

フォークや安全ピンを使います。

卵の殻は脆いので、ちょっとした力加減ですぐに割れてしまいますから注意が必要。

少しずつ丁寧にあけてください。穴は小さくても構いません。

 

黄身を取り出す

穴があいたら、卵の中の黄身を取り出す作業に移ります。

卵にあいた穴から爪楊枝を突っ込んで掻き混ぜるのがポイント。

卵の中の黄身が割れて外へ出やすくなります。

安全ピンで穴をあけた場合はそのまま使用できます。

取り出した黄身は、ボウルなどに移して卵料理(卵焼きやオムライス)に使えば無駄になりませんよね。

中身を抜いた卵の殻は、あけた穴から水を通すなどして、しっかり洗いましょう

 

色付け・飾りつけ

あとは、クレヨンやサインペンで色付けしたり、

ビーズやリボンなんかで飾りつけをするだけです。

(色付け・飾りつけの道具は100円ショップなどで安価で手に入ります)

 

 

と、簡単に作り方をご紹介しましたが、作業はいたって簡単です。

小さな子供と一緒に作る場合、割れないように卵型のプラスチックや発泡スチロールを使えば安心ですよね。

 

どんなイースターエッグができるか楽しみですよね。

ちょっとこだわったものや、オシャレなイースターエッグをつくれば、

それだけで部屋のインテリアにも使えます。イースターエッグ作りを楽しみましょう。

スポンサードリンク


シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑