リンスとトリートメントとコンディショナーの違いは?

公開日:  最終更新日:2014/12/10

スポンサードリンク

みなさんはリンスとトリートメントとコンディショナーの違いって知っていますか?

どれもシャンプーをした後に使いますよね。

名前が違うだけで実は同じものなのでしょうか?それとも違うものなの?

最近ではリンスよりコンディショナーやトリートメントのほうが主流になってきていますね。

リンストトリートメント、コンディショナーの違いや使い方について調べてみました。

 

目次

  1. リンスってどういうもの?その成分は何?
  2. コンディショナーとはどういうものなの?
  3. トリートメントはどういうものなの?効果的な使い方とは?
  4. まとめ

toritoment

リンスってどういうもの?その成分は何?

リンスは英語のriseからきていて、すすぐという意味があります。

昔のシャンプーはアルカリ性で石鹸に成分が近かったため

シャンプーで洗った後はアルカリ成分がキューティクルを開いてしまうため

中和させるためにクエン酸などの成分が入ったリンスを使いすすいでいました。

 

リンスは髪の毛の表面を油分でコーティングすることで

髪の軋みを抑えることができますが、

髪の内側までリンスの成分を浸透させることはできません。

 

コンディショナーとはどういうものなの?

最近ではリンスのことをコンディショナーと呼ぶところもあるようですが、

リンスにはすすぐという意味があるように、

コンデショナーにはコンデション、調節するという意味があります。

シャンプー後の髪をコーティングしてキューティクルを保護する働きがあります。

効果的な使い方としてはシャンプー後コンデショナーを付けてからすぐにすすぎます。

髪を保護する効果があるので時間を置かなくても大丈夫です。

 

またコンディショナーが頭皮に残っていると、

吹き出物やフケなどの原因となるのでよくすすぐことが重要です。

 

トリートメントはどういうものなの?効果的な使い方とは?

トリートメントには手当するという意味があり、髪の補修を目的としています。

リンスやコンディショナーは保護することはできますが、

髪の内部まで成分を浸透させることはできません。

 

トリートメントには髪の内部に浸透させてダメージを補修する働きがあります。

トリートメントの効果的な使い方としては、

シャンプー後トリートメントを付けた後に時間を置いてからすすぎます。

時間を置くことでトリートメントの成分を内部まで浸透させることができます。

 

まとめ

リンスとコンディショナーは髪をコーティングして保護する効果がありますが、

髪の内部まで浸透しないので髪の補修をすることはできません。

トリートメントは髪の内部に浸透し、ダメージを補修する効果があります。

 

使い方としてはシャンプー後リンス又はコンデショナーをするか、

トリートメントをすればよいのですが、どちらもしたい場合、

トリートメントを先に行うことが効果的です。

 

先にリンスやコンデショナーをしてしまうと髪をコーティングしてしまうため

後からトリートメントを行っても髪の内部に浸透しないからです。

正しい使い方で効果的に使いたいですね

スポンサードリンク


シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑