20代中小企業の平均的な昇給額はどれくらい?大企業との差は?

公開日: 

スポンサードリンク

kyuryo

これから会社に入って仕事に頑張ろうと思っている

フレッシュなビジネスマンにとって、

自分への評価であるお給料の金額は気になる所だと思います。

20代中小企業の平均的な昇給額はどれくらい?

大企業との差は?と、

自分の位置付けを知りたいと思うのは当然でしょう。

では実際の金額を見てみましょう。

 

学歴別初任給と20代の平均的な給与

sigoto

厚生労働省の調査した最新平成26年度の全国統計資料によると、

学歴別の初任給は次の通りとなっています。

 

【大卒】
男性:20万2900円
女性:19万7200円

【高卒】
男性:16万1300円
女性:15万4200円

全体的に前年より増加しているようです。

給与が増加しているのは嬉しいですね。

それではこれを大卒者に絞って企業形態別に見てみましょう。

 

【大企業:大卒】
男性:20万5500円
女性:20万500円

【中企業:大卒】
男性:20万100円
女性:19万6500円

【小企業:大卒】
男性:19万7300円
女性:19万400円

 

大企業と小企業の間では男性8200円、

女性6100円の平均値の差があります。

とは言え、平均だとそう大きな差がないように思えます。

 

自分の初任給がこれより上か下かで

一喜一憂があると思いますが、地域などにより

かなり差があると思うのであくまでも平均という事ですね。

では次に20代の平均的な給与です。

 

【大卒20代前半】
男性:21万8600円
女性:21万1300円

 

この20代前半は20~24歳なのですが、

ここで既に男性1万5700円、

女性1万4100円の伸びがあるのが分かります。

 

大卒者の企業形態別昇給

kyuuyo

次に本格的に昇給状態を見て行きましょう。

20代後半でどのくらいの伸びがあるか見てみます。

 

【大卒20代後半】
男性:25万8900円
女性:24万1800円

 

ここの伸びは大きいですね。

男性で4万300円、女性で3万500円、

20代前半時点から増えています。

現役で大卒の場合就職するのは22歳から23歳なので、

20代前半は2~3年、後半は5年間の伸びという事になります。

 

それでは大企業と中小企業ではどうなっているのでしょう。

差を見てみましょう。

縦並びだと分かりにくいので横並びにしてみました。

 

【企業規模別大卒20代前半と20代後半給与比較】

20代前半男性:(大企業)21万300円(中企業)20万900円(小企業)19万4000円
20代後半男性:(大企業)25万4700円(中企業)23万1100円(小企業)22万2900円

20代前半女性:(大企業)20万6000円(中企業)19万2300円(小企業)17万9300円
20代後半女性:(大企業)23万7300円(中企業)21万5400円(小企業)19万6800円

 

なんとなく平均と大企業の金額差がおかしい気がしますが、

厚生省はそれぞれ別のデータから集計してるのかもしれません。

 

大企業の20代前半から後半の昇給の平均は男性で4万4400円、

女性で3万1300円、中企業で男性3万200円、女性2万3100円、

小企業で男性2万8900円、女性1万7500円となっています。

 

20代後半時点で大企業と小企業間の給与の差は、

男性3万1800円女性4万500円、初任給でそれぞれ8200円差、

6100円差だったものがここまで差が広がってしまいました。

やはり大企業と中小企業との昇給差は大きいですね。

特徴として女性の昇給が小企業は

大企業よりかなり少ない事が分かります。

 

スポンサードリンク

大企業と小企業の一年当たりの昇給額を計算してみる

kaisya

ここまで5年ひとまとめで金額を見て来ましたが、

もう少し細かく計算してみましょう。

少々乱暴ですが、現役新卒23歳として、

初任給と20代後半の差額から1年ごとの昇給額を出してみます。

 

すると、大企業は男性で年間約7000円、

女性で約5300円の昇給額となりました。

小企業では男性が年間約3700円、

女性が約900円という結果になってしまいます。

小企業の女性の年間昇給額がとんでもない事になっていますね。

 

給与と昇給まとめ

kyuyo

ここまで企業形態と年齢別の給与と

昇給の平均金額の推移を見て来ましたが、

かなりはっきりとした数字が出てきました。

 

特に目立ったのは企業形態の差による昇給額で、

昇給額がこれだけ違えば後々の給与の差が

どんどん広がるのは当然の話です。

 

こうなると最初の就職段階で将来が決まると言って良いでしょう。

もちろん最初に述べたように地域ごとの格差がありますので、

全国的に適用出来る金額ではないので、

単純に比較出来る数字ではないのは確かです。

 

ただ、やはり企業形態による雇用格差が大きいというのは

どこの地域でも変わらないと思われます。

むしろ、全国規模の企業の場合、

本社に給与を合わせて分配する事が多いので、

地域においての格差は更に広がるかもしれません。

 

将来を考えると最初の就職段階で将来を見据えた

就職活動をするのが大事という事が分かりますね。

後々後悔しないように、きちんとした目標を立てて

就職活動をしていくべきでしょう。

スポンサードリンク


Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑